Macnica

unimat retirement community

事例_ユニマット リタイアメント・コミュニティ

ユニマット リタイアメント・コミュニティ

ユニマット リタイアメント・コミュニティ

AIで持ち物記録などを効率化し介護ビジネスを支援

ユニマット リタイアメント・コミュニティ(東京・港、ユニマットRC)は、⾃社で経営する介護施設で AI(⼈⼯知能)による業務効率化に着⼿。2019年7⽉から持ち物記録と空き部屋の予約管理を効率化する実証実験を開始した。 19年内に本稼働し、20年中に全国のショートステイ事業所に展開する計画だ。

AIによる持ち物記録の
効率化により介護ビジネス支援

  • 生活かつ迅速
  • 誰がやっても同じ分類
  • 取り違えミス防止
AIによる持ち物記録の効率化により介護ビジネス支援

企業情報

介護事業⼤⼿のユニマットRCは、有料⽼⼈ホーム、サービス付き⾼齢者住宅、デイサービスなど、全国約300拠点で600を超えるサービス事業所を⼿掛けている。

仕事や⾏事、体調不良などの理由で家族が介護できないときに短期で利⽤する介護サービスである「ショートステイ」では、全国140拠点以上で3000床以上を展開する最⼤⼿である。

ユニマットRCは、AIによる業務効率化をマクニカ(横浜市)と共同で研究し、専⽤のアプリを開発してショートステイに適⽤する。

まず2019年7⽉から、淵江ショートステイそよ⾵(東京・⾜⽴、30床)で施設利⽤者の持ち物記録に活⽤。同年8⽉からは、三河島ケアセンターそよ⾵(東京・荒川、20床)で、空き部屋の予約管理を効率化する実証実験を開始した。

unimat Retirement Community
商 号 株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ
代表者 代表取締役社長 中川 清彦
所在地 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル
資本金 1億円 (2018年3月31日現在)
設 立 1975年6月
事業内容

介護事業
デイサービス、グループホーム、ショートステイ、訪問介護、小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援事業、 有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の運営 など、高齢者複合介護施設を「そよ風」のブランドで 全国展開

リタイアメント・コミュニティ事業
沖縄県宮古島において、グループ保有資源を活かしたリゾート型の不動産分譲事業

URL https://www.unimat-rc.co.jp/

⾃然⾔語処理と画像認識で「持ち物記録」を効率化

「介護サービスは⼈⼿によるサービスが中⼼で、かつ、⼈材不⾜という実態があり、業務効率化が⼤きな課題となっていた。ところが従来、ITを導⼊して本気で効率化を図ろうという取り組みは少なかった。数年前から業務効率化の検討を進め、今回、現場にAIを導⼊し働きやすい環境を作ることにした。その第1弾が、ショートステイ利⽤者の持ち物記録である」

ユニマットRC事業統括本部:岡⽥ 旅⼈

持ち物記録 ー ⼊所時に持って来た所持品を確認する業務 ー

持ち物記録は、⼊所時に持って来た所持品を確認する業務で、従来は担当者が1点ずつ写真を撮り、かつ、ペンで⼀覧表に記⼊していた。早い場合でも10〜15分を要し、おおむね20〜30分の時間がかかる作業だった。

今回、専⽤アプリを搭載したスマートフォンを使って、持ち物を動画で撮影しながら、「パジャマ」「シャツ」というふうに声に出す作業に置き換えることで、作業をわずか数分間に短縮できた。持ち物リストは、⾳声からAIが⾃動で作成する。これにより、担当者がペ ンを持ち、机に座って⼀覧表に記⼊する作業はなくなった。

AIの⾃然⾔語処理により、撮影した動画から発⾳を分析して持ち物の名称をテキスト化するとともに、動画から静⽌画を⾃動的に抽出して画像認識する。これにより、⾊と柄を⾒分けてあらかじめ定義した変換テーブルを参照して、⾊と柄の名称を⾃動で付与する仕組みで ある。その結果、「誰がやっても同じ分類になる」(岡⽥⽒)という。

施設利⽤者が退所する際には、AIが⾃動作成した記録リストを参照しながら持ち物を検査・確認することで、他⼈のものを持って帰るという間違いも減らせると⾒ている。

⾃然⾔語処理と画像認識で「持ち物記録」を効率化
⾃然⾔語処理と画像認識で「持ち物記録」を効率化

CrowdANALYTIX ー クラウドアナリティクスのAIサービスを採⽤ ー

今回、この仕組みはマクニカと共同開発したものだ。マクニカは、19年1⽉にインドのスタートアップ企業であるCrowdANALYTIXの41.8%の株を取得して筆頭株主となった後、AI事業を加速させている。ユニマットRCのAIシステムでは、そのCrowdANALYTIXが持つAIプラットフォームサービスを採⽤した。

このサービスでは、世界中の2万⼈を超えるデータサイエンティストを活⽤することで、さまざまなAIモジュールを同時進⾏で開発することができる。具体的には、顧客が求めるニーズに合致したモジュールを開発するために必要最⼩限の仕様を公開し、世界規模でアルゴリズムの並⾏開発を実施し、精度の優れたものを採⽤し、それらを組み合わせて開発するという仕組みを採る。

いわゆる「データサイエンティストのコミュニティー」をシステム開発に取り⼊れているわけだ。ちなみに、データサイエンティストは⼤⼿プラットフォーマーをはじめとして世界中の企業で活躍しているエンジニアだという。

岡⽥⽒は、「AIを導⼊する場合、精度が8割程度では⼗分とは⾔えない。その点、CrowdANALYTIXのAIプラットフォームサービスは、専⾨家集団による抜群のアイデアで作られたもので、常に他のデータサイエンティストがフォローに⼊れる仕組みは素晴らしい」という。マクニカでAI事業を推進している新事業本部AI事業推進室⻑の⻄村武郎⽒は、「開発は⽇本側のエンジニアとやりとりしながら進めるが、細かいチューニングもCrowdANALYTIX側で⾏っている」という。

CrowdANALYTIX ー クラウドアナリティクスのAIサービスを採⽤ ー

複雑な「空き部屋の予約管理」にも適⽤

前述の通り、19年8⽉からは、空き部屋の予約管理にAIを活⽤して効率化する実証実験も開始した。 ショートステイでの予約管理は、ホテルの予約管理と異なり考慮すべき要因が多岐にわたる。 「⾝体のまひが左側なのか右側なのかによってベッドの向きが異なるほか、利尿作⽤のある薬を処⽅しているためトイレに近いほうがよいとか、転倒リスクのある⽅は職員の⾒守り部屋から近いほうがよいといった要因がある。さらに、同じ1泊2⽇でも⼊所・退所時間が異なることを考慮する必要もあり、複雑なパズルを解くようなもの」(岡⽥⽒) といった具合で、部屋割りにはかなりのスキルが必要とされている。

⼀般的に、⽣活相談員が⼿書きの管理表やExcelを使って予約管理を担当するが、⼈によってスキルの差が⼤きく、効率的に部屋割りができていないという側⾯も否めない。部屋を移ってもらえれば解決するという場合もある。 ユニマットRCでは、こうした課題に対して、AIで平準化することで効率を上げることにした。 「過去の実績データを基にAIに試算させた結果、より効率の良い部屋割りを瞬時に割り出した。 これは⽣活相談員の労働⽣産性向上に⼤きな期待ができる」(岡⽥⽒)という。 部屋を移動してもらう場合も、「さまざまな条件を考慮しながら調整を⾏う⽣活相談員の精神的な負担軽減にも寄与する。 最⼩限の移動回数で⼊居者にも負担が少なく部屋割りを作成できる」(岡⽥⽒)という効果も期待している。

2つのショートステイ施設に適⽤したAIの実証実験は、19年中に本稼働させる予定。 その後、20年中に全国約140カ所のショートステイ事業所に展開するほか、マクニカと共同で他社の介護施設にも提案していく計画だ。「利⽤料については、削減できた業務をコストに換算してそれに⾒合った対価をいただく⽅式や、業績貢献に⾒合った対価をいただく⽅式が考えられ、利⽤頻度に応じて料⾦が変動する“リカーリング・モデル”を検討している」(マクニカの⻄村⽒)という。 両社は、IT導⼊が遅れ気味の介護分野にAIを活⽤し、業界の業務効率化を⽀援していく。

複雑な「空き部屋の予約管理」にも適⽤